爆笑オンエアバトル

時の楽園で、せりフリ.com資料提供として協力いただいている「DS.Tさん」とは、表題の番組がきっかけで知り合いました。透火さんのバーチャロン動画を見てトップに戻った後、この番組の動画が出て来たので、ちょっと語ろうと思います。

爆笑オンエアバトルとは、会場に居る100人の審査員と一般観客席にいるお客様を相手に、芸人の皆さんが自分たちのネタを披露し、そのネタの出来、観客席の反応を基に審査員が評価をし、全10組の中から5組のネタがオンエアされるという厳しいルールでした。1999年3月末に始まって、11年間に渡って放送され、この番組から産まれた金の卵と言えば、やはり「タカアンドトシ」と「トータルテンボス」と「タイムマシーン3号」でしょうか。

私達観る側からすれば、公開オーデションのような感じで面白い番組でした。盤石と言われた芸人が落選したり、上記で上げた金の卵の例もあります。一定の役割は十分果たしていたと思います。

しかし出場する芸人さんや、お笑いの戦国時代を生き抜いた人たちは、あの番組をどう考えていたでしょうか。昔も今も時々話題に上がっては賛否の声が飛び交います。いくつかブログ、ツイートを検索しても殆どがこの3つです。

理由1:公共放送の公開オーデションである番組で「つまらない」と烙印を押された。
理由2:そしてその自分たちの模様はオンエアされない。
理由3:そのうえ審査員が記入するジャッジペーパーが評論じみているから。

この番組で一番賛否が分かれる点が「理由3」です。お笑いの戦国時代を生き抜いた人たち程、この理由3を問題点に挙げてます。その典型的な例が、オンエアバトルはスタッフに門前払いされ、M-1で爆発した「サンドウィッチマン」です。

■ジャッジペーパーの一例
・全体的にまとまっていたけど、これという笑いがなかった。もう少しドカーンと笑えるところがほしかったです。
・ツッコミの本気さ加減はよかったです。夏のネタにしてはありがちな内容だったような・・・
・ネタはみんな面白いのに話の展開がとびすぎていてもったいなかった
・僕の年代だと笑えるけど、若い子にはキツかったかな?いつもの毒舌はさえていただけに残念
・オフエアなんて「あたしゃ認めないよ!」 でもオチがあまかったような・・・(461/545点 でまさかの敗退)

例えばこれがオール巨人師匠のようなドラフト一位指名の漫才師の方や、亡き立川談志師匠、桂歌丸師匠レベルの人が100人揃って審査して、ジャッジペーパーを書くのであれば、また全く違う評価だと思います。

しかし相手は一般応募から選ばれた100人の審査員です。で、テレビを見ている方の中には代理店の方やマスコミ関係の方もいるでしょう。しかし基幹の部分である一般の人を動かせない。という事は、やはりネタの何処かに問題があるかもしれません。そうなると折角の公開オーデションからのチャンスもつかめなくなってしまいます。

録画したオンエアバトルを見ていた学生時代の私に母が聴いてきました。
「これどういうルールなの?」
私はルールを説明しました。
「で、満点は何点なの?」「545点だよ。」
「という事は、100点とか200点って根本的に練習が足りてないかちゃんとネタが出来てないって事なのかしらねぇ。だって、プロの方が審査するわけじゃないんでしょう?一般の人たちが笑ってないんじゃ論外じゃない。」
学生時代の私も、この意見には納得でした。「そうだよねぇ。」とコメントしたような記憶もあります。

ただ何だかんだいいつつも、この手の番組は定期的に出てきてほしい気はします。やはり「キングオブコント」と「M-1(R-1)」と「笑点」だけでは絶対数的に芸人たちが磨き合う場が無いからです。

最近芸人さんがYouTubeで自分たちのライブのコントをアップするのがブームとはなってますが、何だかんだ言いつつも、一般の人を基幹としたお笑い番組が出てきてほしいなと思います。

うん。久々にコラムらしいコラムを書いた。(笑)

久しぶりに面白い記事を読みました。

『ポツンと一軒家』が大当たり!放送作家・中野俊成が語る「ヒットする番組と失敗する番組の決定的な3つの違い」
https://webtan.impress.co.jp/e/2020/05/28/36094

「笑っていいとも」や「鉄腕ダッシュ」が長年愛されているのは、仕掛けを作らないからです。仕掛けを作った瞬間、綻びます。

ディバイドクエスト

何故実装後初の土曜日なのに人がいないのか。なんていうか最初の生放送のプレゼンとかで説明不足感じたし、マッチング回りが判り難かったり、難易度の緩急が激しいのやらで、細かい所で損してますね。

一応自分は21~には入れましたが…どうも調べた所やっぱりというか案の定と言うか、ファントム4人で行くとヴァルナ・ミトラ含めて雑魚寸前の状態になるらしく…。

とりあえず今度、透火さんと組んで30まで行けたらなーとは思ってますが、完走したら行くことはなさそうです。

う~ん。全部が全部だめって訳じゃないんですが…周知徹底不足とか、難易度の緩急とか総合的にみると…ちょっと惜しいかな…これで夏~秋に予定している大規模アップデートの時にまた「やらかし」しなきゃいいんですが…

トライアミューズメントタワーから数えて20年?

総合アミューズメント施設「キラキラAsobox」を全国に展開
東京初の新型コロナウイルス関連倒産
自己破産申請へ
TDB企業コード:989652953
負債68億6100万円

http://www.tdb.co.jp/tosan/syosai/4671.html

エターナルアミューズメントタワー及び、キラキラアソボックスの件、残念です。かつてアーバンスクエアとかジョイプラザを運営していたアリサカと同じようなコンビニ路線で、コロナに関係なく潰れてしまいました。

秋葉原だけでかなり店舗がありました。規模縮小を増税前にしていればワンチャン…でもそうすると景品在庫が圧迫して新商品が入れられないから…おなじか。

とは言え、トライアミューズメントタワーから数えて二十年か?本当にお疲れ様でした。

私はどうしたら?

 2017年から2018年にかけて勤めていた会社で、自分の中の何かが壊れて、その後は仕事を見つけても長続きせず、疲れて調子を崩したり過食やら浪費やら躁鬱に逃げてしまう状況が続いています。今の会社でも周りの速度についていけず。自分でも情けないミスで現場配属初日にクレームを受けて戻されて。いや、人間誰だってミスするし、その内容も左クリックと右クリックを間違えただけなんだけど。

 金曜日は親身になって聞いてくれて、今現在まだメンタルクリニックに通っていることも話したりしたんですが、自分自身がそれに甘える…というより、それに立ち向かえない。事実と向き合えない事に凄く歯がゆいというか情けない気持ちになってて。いや、勿論仕事しなきゃというのはあるんだけど、また何かあったらと言う不安からモチベーションを保つことが難しく、気力体力だけを無駄に浪費し、焦りだけが募る日々です。

 そんなやだやだ言ってられない。と言い聞かせながら頑張って仕事をしないといけないではないですか。中にはメンタルを壊しても普通に働いていたりする方もいますし。そんな中この三年間で、自分でもどうしたらいいのか、誰に話せばいいのか判らない位ボロボロになってるのはわかってて、医者に言われた適応障害のせいかどうか分からないですけど、本当自分は働く事に向いてないし、自分の弱さに落ち込むばかりです。

 親も歳が歳なだけに、もうこれ以上ガタガタになりたくないと奮起していますが、先日社内面接の際に自分が何に向いているのか。自分は何がしたいのか。自分の強みや良い所は何なのか。具体的にどうすればよいのか判らなくなり、どうありたいか、どうなりたいのかも分からないという状態で本当に困ってます。

お勧めの一冊

皆さん、おはようございます。こんにちは。こんばんは。セリスです。

先日本屋さんでこのシリーズの新しいのが出ていたので早速購入しました。

どうも一月末ごろに出たみたいですね。

【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド[新装改訂3版]

斎藤 昌義 (著) これ個人的に凄いお勧めな本でして、

こんな風に片方が図解。もう片方に短いテキストと言う構成が中心なのでサクサク読み進められます。 発刊前後のトレンドが背景と併せてしっかりと記載されているので学生の方。特にこれから新卒IT企業に入社する学生の方には必見の一冊です。 もし興味がわきましたら、是非お手元にご用意くださいませ!