平成から令和へ

いよいよ平成最後の日。
この文章を書いているまさにこの時も、カウントダウンは刻々と迫ってきています。

思えば、平成の世は「激動の時代」でもありました。
30年も前には「あり得ない」と思われていた事を実現し、また、予期せぬ災害にも見舞われ、悲しい事件や予想外の出来事など、様々な事がありました。

明日からは「令和」という新しい年が始まります。
変わる事と変わらない事……
時間が止めどなく流れるように、世界は少しずつ変わっていきます。
今、コレを読んでいるあなたにとって
この令和という新しい年が、良き変化のきっかけとなるよう、私は心から祈っています。

平成31年4月30日 睦月透火

おめでとう、「令和」。 ありがとう、「平成」。

「平成」は、良くも悪くも激動の日々であるとともに、私からすれば「ワープロ通信」が「パソコン通信」になり「インターネット」になり・・・という変化と技術発展を見続けることが出来ました。

どうか「令和」が私達にも。未来の人達にも良い時代でありますように。

よく寝ました。

会社が終わって色々あって家に着いたのは3月15日(金)夜11時30分過ぎ。
そこからお風呂に入ってお風呂を掃除して、リビングと台所掃除機かけて、PSO2のデイリーオーダー受けて、寝たのが3月16日(土)午前3時半ごろ。そこから眠眠眠眠・・・・・・・・・・・・
お手洗いで一回起きてそのときは3月16日(土)夕方4時。親にお風呂といわれ叩き起こされた夕方5時まで二度寝。晩御飯を食べて夜7時に3度寝。3月17日(日)午前1時起床。近所のセブンイレブンでサラダパスタを買って食べて今です。
合計18時間寝ていました。