回答の無限延期

せりフリの「46億年物語」でも書きましたが、物事は無限に回答を延期する事により成立します。信仰していてもトラブルに見舞われた場合、まだ信仰がたりないからだ。という文法で様々な危機を乗り越えていきます。

基本的に今現在Twitter界隈を賑わせているものの大半が、この回答の無限延期に成功しています。勿論延期の仕方は人によって様々ですが(クラウドファンディングが足らない。お客様が足らない。努力が足らない。評価が足らない。マスク不要論が足りない…)なまじ誰かが予言を的中したり、病気を治したり、万馬券を当てたりするだけでは成立しないのです。

先日、タレント兼エンジニアの堀江貴文さんがとある餃子店に立ち入った際、入店時にマスクをするように求められて、質問を繰り返して餃子店店主につまみ出されていました。その後、ムカついた堀江さんが店名が分かるようにFacebookに主張を書き記し、それを読んだ人たちが餃子店に電凸などを繰り返して休業に追い込むという事件がありました。

これ自体は分解して考えると、また世の中が回答の無限延期に騙される流れが増えてきたのかなと考えているのです。田端信太郎さんしかり、鴨頭嘉人さんしかり。

今回の堀江貴文さんのケースの場合は、大前提としてコロナウイルスがありました。日本政府と小池都知事と何より中国があそこ迄頭が悪いとは思いませんでしたが、これはもう神のお導きです。その後、緊急事態宣言による全国的な行動「自粛」を経て、コロナに対する不安を拭い去れない人たちと、コロナ感染症は風邪程度のものでインフルエンザほどの死者を出さないのだから、経済を止めるべきではないという人たちとのバトルも繰り広げられました。この滑稽な光景に私は大笑いしました。やはり日本語は美しい。「濃厚接触者」「飛沫感染」。日本民族独特の言語感覚ですよね。

そしてそしてアメリカに至っては11月3日のアメリカ大統領選を控えるトランプ大統領のように「感染症よりも生活が大事なのだ」と主張し、アメリカではトランプ大統領を支える共和党支持者の多い州がコロナ感染者数の圧倒的上位を占めます。公共の利益が色濃く出るような問題においてもなお、個人の判断、個人の行動に対する自由と権利を主張する人たちが多いのです。

堀江貴文さんの一件にしても、店の立場からしたらマスクによる効果があるかないかにかかわらず、感染症に配慮していない店舗営業をしているという風評が出るのはマイナスだと考えれば、入店から食事までの間はなるだけマスクをしていてほしいと思うでしょうし、万が一感染症が出た、クラスターになった、という話がひとたびでれば、一時営業停止では済まないレベルで大変な騒動になってしまいます。(自粛期間中にゲーセンやパチンコに通う人も、営業する側もこの辺の考えが欠落していたと思います。ま、気持ちはわかるけども。)

で、その後に「一体私の何が悪いというんだ!」っと言ってのける神経さえ持っていれば、世間は同情しますし、「田村正和ごっこ」も楽しめます。

尚、感染症対策にマスクをすることがどれだけ必要かという科学的根拠は全くありません。まぁ平たく言えば無自覚患者が体内から飛沫を介してウイルスを出さないようにするというマスク本来の使い方を国が強引に捻じ曲げて「マスクをすればウイルスが入ってこない」と演じてしまえばいいのです。見事に関係ありません。ジタバタしても太宰治のようになるだけです。

しかしながらあのデブ…じゃなくって堀江貴文さんのケースの場合、マスク着用の是非について餃子店の店主にまでクレームを入れ、過激な煽動をしながら個人主義を掲げて商売にし、「東京改造計画」「大学など学歴は不要」「スキを仕事にしろ」「会社員で我慢する必要はない」「まだ東京で消耗しているの?」など、腹を抱えて大笑いしてしまうような主張をしております。堀江貴文さんは、お笑い芸人にとても向いていると思います。面白過ぎます。

ま、もちろん堀江貴文さんも田端信太郎さんも鴨頭嘉人さんも何時までも続かないと思います。その時は何か適当に理由をつけて去ればいいのです。そうすれば無事天寿を全うしたと言えるでしょう。

ま、いずれにしても根拠不明瞭なエチケットマナーで自分1人に何かが起こるのではなく、他人に何かしらの影響が確実に出るような問題で、吉本新喜劇よりつまらないやりとりを繰り返すのは、控えたほうがいいのではないかと思います。

バーチャファイター×esports

バーチャが新作で来るのか、既存の5FSでの動きで来るのかは判りませんが、家庭用・アーケード共に現在のセガは「崖っぷち」土俵際の踏ん張りに期待したいです。

でも、今のセガの中で最前線で指揮を取れる人が居なかったであろう事は、それぞれのリリース状況とコケっぷりから容易に察せられたので、どう展開するにしろ、指揮権を持った人が出てきたのは、セガにとっては大きな一歩だと思います。

もしこれがバーチャファイター6になったとしたら、時の楽園としては全力で応援しなければいけないですね。

終わりました

はい!私クリアした!スタッフロール見た!私のモンスターハンターおしまい!
最後に隊長が溶岩に沈んでいくのに合わせて中指立てて終わるのが感動的でした。

アステラ(セリス観察)日誌

こんばんは、突然ですが観察日誌を始めました。
……え、誰の何のかって? それは……

コレです……「モンスターハンターワールド・アイスボーン」
この中で、ウチの相方セリスさんを鍛える為に始めましたw

まぁ、最初は初心者というか初めてづくしなので色々とありましたが……
プレイ開始からしばらく経って先日、経過報告という感じの動画がYoutubeにアップされました。

大胆な挑戦なんかもあるので見てやってください。

ウチとしては、ソロでもムフェト・ジーヴァやアルバトリオン相手に怯む事なく向かって行く位にはなってほしい所ですが(何という無茶振りw)

透火さんが…

やれと。
まぁ、PSO2終わったし、デラはやる気ないし、DDRはゴールデンリーグ終了待ちだし、Steamでやってるのスト5か鉄拳7かサムスピコレクションなんだけど人少ないのかマッチングしなかったりサブ垢だったりでゲンナリしていたからいいんだけど、

道で迷子になって地図が読めずに途方に暮れる事沢山。
レベルアップしようと敵に挑んで返り討ちにあうこと沢山。

で、透火さんに色々教わりながらやるんだけど、会うボス会うボス必ず1.2回は殺されまして。

正直スロットのモンハンをぶん回してる方が私的には楽しいんだけど、透火さんがわざわざ買って私に送ってくるあたり本気度が凄まじいのがわかったので、そのうちモンハンのコンテンツが出来たりできなかったりするかもしれません。

南無~。

『PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS』ですか。

まぁ私としてはいつもの通りメンテゲーになることを予想しつつ、HDD騒動並みのやらかしをやらないことを切に願う訳でして。

スタッフ総入れ替えにでもならんと難しい所もあったり、メスの入れにくい所にどんだけメスを入れるのかと言う所もありますし、

まぁ、あまり期待をしないで待ってます。

外部サイトでも小説始めました。

こんにちは、お久しぶりな透火(本人)です。
通信書くのだいぶ間が空きました……皆さん新型コロナに罹ってませんか?

自粛自粛と叫ばれてますが、ぶっちゃけマスクや手洗いとか、個人でそれぞれの対策をちゃんとしてれば十分に防げますよ~(完璧とは言ってない)!

世界の数字を見れば一目瞭然ですからね……。
(主にアノ国とか1日でトンデモナイ数字だし)

さて、今回は私が外部の二次創作系の小説投稿サイト「ハーメルン」にて連載している3つの作品のご紹介です。

まずは話数が一番進んでいる処女作
「寝落ちしたらモビルアーマーになってた件 ~鉄華団に「厄災の天使」が味方したようです~」

この小説は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の世界を舞台に、寝落ちしたガンダムファンのOL主人公が「アレ」に憑依してしまった?!
機体は撃破されたものの人造人間として奇跡の生還を果たし、待ち構える原作(BAD)ENDを全力で回避すべく、持ち前の莫大なガンダム知識と告知なしに与えられていた超技術の数々をフル活用して奔走する二次創作小説です。

2つ目は私の好物ごった煮のカオス作品
「とある少女の夢想世界 ~夢が繋ぐ奇跡の物語~」

こちらは「夢」を鍵として数多の世界を移動する五体不満足の少女が、転送先のいろいろな世界で色々ヤバい事に(不本意ながら)巻き込まれていく物語。

そして3作目は最近、各所で見放題にもなった話題のアニメが舞台。
「出来心を試したら凄い事になったので続けてみようと思います。」

内容は、「もし、とある人物のロールプレイ(ライト勢)キャラが居たら?」とう設定で、原作アニメを準拠しつつ可能な限りやりたい放題を目指す作品です。
アニメ準拠で進むため原作ファンの皆様には内容的にちょっと不快でしょうが、原作アニメが凄く気に入ったから書き始めたので……(´-∀-`;)ゞ
そしていかんせん設定や情報がアニメしか持ってないので色々と修正や情報提供を期待したい奴です。

どれも未だ未完ではありますが、頑張って最後まで書くので見守ってて下さい。
……原作の設定や情報提供、誤字・脱字報告や各話のアンケート等もよろしく。

爆笑オンエアバトル

時の楽園で、せりフリ.com資料提供として協力いただいている「DS.Tさん」とは、表題の番組がきっかけで知り合いました。透火さんのバーチャロン動画を見てトップに戻った後、この番組の動画が出て来たので、ちょっと語ろうと思います。

爆笑オンエアバトルとは、会場に居る100人の審査員と一般観客席にいるお客様を相手に、芸人の皆さんが自分たちのネタを披露し、そのネタの出来、観客席の反応を基に審査員が評価をし、全10組の中から5組のネタがオンエアされるという厳しいルールでした。1999年3月末に始まって、11年間に渡って放送され、この番組から産まれた金の卵と言えば、やはり「タカアンドトシ」と「トータルテンボス」と「タイムマシーン3号」でしょうか。

私達観る側からすれば、公開オーデションのような感じで面白い番組でした。盤石と言われた芸人が落選したり、上記で上げた金の卵の例もあります。一定の役割は十分果たしていたと思います。

しかし出場する芸人さんや、お笑いの戦国時代を生き抜いた人たちは、あの番組をどう考えていたでしょうか。昔も今も時々話題に上がっては賛否の声が飛び交います。いくつかブログ、ツイートを検索しても殆どがこの3つです。

理由1:公共放送の公開オーデションである番組で「つまらない」と烙印を押された。
理由2:そしてその自分たちの模様はオンエアされない。
理由3:そのうえ審査員が記入するジャッジペーパーが評論じみているから。

この番組で一番賛否が分かれる点が「理由3」です。お笑いの戦国時代を生き抜いた人たち程、この理由3を問題点に挙げてます。その典型的な例が、オンエアバトルはスタッフに門前払いされ、M-1で爆発した「サンドウィッチマン」です。

■ジャッジペーパーの一例
・全体的にまとまっていたけど、これという笑いがなかった。もう少しドカーンと笑えるところがほしかったです。
・ツッコミの本気さ加減はよかったです。夏のネタにしてはありがちな内容だったような・・・
・ネタはみんな面白いのに話の展開がとびすぎていてもったいなかった
・僕の年代だと笑えるけど、若い子にはキツかったかな?いつもの毒舌はさえていただけに残念
・オフエアなんて「あたしゃ認めないよ!」 でもオチがあまかったような・・・(461/545点 でまさかの敗退)

例えばこれがオール巨人師匠のようなドラフト一位指名の漫才師の方や、亡き立川談志師匠、桂歌丸師匠レベルの人が100人揃って審査して、ジャッジペーパーを書くのであれば、また全く違う評価だと思います。

しかし相手は一般応募から選ばれた100人の審査員です。で、テレビを見ている方の中には代理店の方やマスコミ関係の方もいるでしょう。しかし基幹の部分である一般の人を動かせない。という事は、やはりネタの何処かに問題があるかもしれません。そうなると折角の公開オーデションからのチャンスもつかめなくなってしまいます。

録画したオンエアバトルを見ていた学生時代の私に母が聴いてきました。
「これどういうルールなの?」
私はルールを説明しました。
「で、満点は何点なの?」「545点だよ。」
「という事は、100点とか200点って根本的に練習が足りてないかちゃんとネタが出来てないって事なのかしらねぇ。だって、プロの方が審査するわけじゃないんでしょう?一般の人たちが笑ってないんじゃ論外じゃない。」
学生時代の私も、この意見には納得でした。「そうだよねぇ。」とコメントしたような記憶もあります。

ただ何だかんだいいつつも、この手の番組は定期的に出てきてほしい気はします。やはり「キングオブコント」と「M-1(R-1)」と「笑点」だけでは絶対数的に芸人たちが磨き合う場が無いからです。

最近芸人さんがYouTubeで自分たちのライブのコントをアップするのがブームとはなってますが、何だかんだ言いつつも、一般の人を基幹としたお笑い番組が出てきてほしいなと思います。

うん。久々にコラムらしいコラムを書いた。(笑)