beatmaniaIIDX tricoro 狂热节拍IIDX2

title

中国版にローカライズされたtricoroの紹介

ゲームタイトル メーカー ジャンル コメント
狂热节拍IIDX2 Konami Amusement 音楽ゲーム まとめサイト様への補足です

システム周りの差異について

遊び方説明モードセレクト

中国ではbeatmaniaIIDXがe-amusementサービス非対応のため、一部仕様に違いが見受けられた。

・エフェクト機能は使用不可
・STEP UPモードなし
・チュートリアルにボイスなし
・プレイオプションとインターフェースはLincle準拠
・解禁要素は店員側の設定で対応


楽曲・PV映像周りの差異について(2017/01/12修正)

S!ckS!ck
S!ckS!ck

こちらについては大きな違いが見受けられた。

・Lincle LINK楽曲が無条件で選択可能
・tricoroの全楽曲レイヤーなし
・FAKE TIMEレイヤーなし
・Sense2007ムービー削除(8th汎用)
・beat#1MODEでEXTRA演出を出しても、実際は何も出てこない
・みんなで宇宙戦争楽曲は未収録
・『Timepiece phase II [CN Ver.]』が『Timepiece phase II CN-Edition』に曲名変更
LIMIT BURST楽曲は未収録
Cafe de Tran楽曲は未収録
私立BEMANI学園楽曲は未収録

「eAMUSEMENT」に非対応のため、一部楽曲が未収録となっていたが、これは仕方ない事であろう。
もう一つ特徴としてtricoroの全楽曲にレイヤーが無く、日本で言う2Pプレイ時の表示が適応されているので、人によっては気が散らなくなる要素である。
beat#5以降、「LIMIT BURST楽曲」が選曲できるようになったのだが、実際に条件を満たしても出せなかったので、どういう扱いにして出すつもりだったのかは不明。
「Cafe de Tran楽曲」がbeat#6で。「私立BEMANI学園楽曲」がbeat#freeで選択できるようになったが、こちらもどういう扱いにして出すつもりだったのかは不明。


EXPERTモードについて(2017/01/12追記)

selecttricoro course

日本版と違い、EXPERTモードが存在する。いずれもランキングは用意されていない。コース構成は以下の通り。

■beat#1
01/BEMANI…FLOWER→RED ZONE→Blind Justice ~Torn souls, Hurt Faiths ~→Xepher→V
02/VOCAL…I know You know→Howling→In Heaven→Fly you to the star→Re:GENERATION
03/POP…connective→To my star→Shining World→Ascalon→メイメツ、フラグメンツ
04/NEWSONG…Echo Of Forever→POINT ZERO→405nm (Ryu☆mix)→Devilz Staircase→狂イ咲ケ焔ノ華

00/ORIGINAL…Voxane→Express Emotion→衰色小町メランコリア→蛇神→24th Century BOY
※Lincleの工場出荷設定時の設定

■beat#2
05/RED…mnemoniq→Time To Empress→CONCEPTUAL→S!ck→Plan 8

■beat#3
06/BLUE…Reflection Into the EDEN→Tp-RZ→planarian→龍と少女とデコヒーレンス→Proof of the existence

■beat#4
07/YELLOW…BRAVE GLOW→カジノファイヤーことみちゃん→Cookie Bouquets→Fractal→キャトられ♥恋はモ~モク
08/TRICORO…rumrum triplets→トリカゴノ鳳凰→SYNC-ANTHEM→即席!脳直★ミュージックシステム→たまゆら

■beat#5
09/LIMIT BURST…New Decade IIDX Edition→Sol Cosine Job 2→Timepiece phase II→neu→JOMANDA

■beat#6
10/CAFE DE TRAN…Rainbow after snow→Holy Snow→アストライアの双皿→†渚の小悪魔ラヴリィ~レイディオ†(IIDX EDIT)→Confiserie

■beat FREE
11/BEMANI SCHOOL…晴天Bon Voyage→お米の美味しい炊き方、そしてお米を食べることによるその効果。→創世ノート→GAIA→Elemental Creation


段位認定について

段位認定はtricoro準拠となっている。特徴としてはbeat#4で皆伝が選べるようになっている。つまりカードなしで遊べるというわけだ。


遊んだ感想

色々な所で言われていますが、ローカライズ自体は非常に良くできていると思いました。しかしtricoroのシステムBGMが非常に好きだったのでちょっと残念でした。
またLincleのシステムに載せているからとは言え、EXTRA演出を出しても実際は何も出てこないというのも少しさびしい。
LIMIT BURST楽曲があっても良かったのではないでしょうかね。(LIMIT BURST楽曲は、beat#5にて解禁されました)

もう一つは折角のローカライズなのに、中国語版の楽曲が無いという事。「Resort Anthem」のローカライズ版では存在していたらしいのですが、折角の独自の違いを無くしてしまうのはもったいないというか。
せっかくEXPERTコースが用意されていてもランキング画面が無いのも減点対象。

と、多少の不満はあるものの、普通に稼働をさせる分には大きな不満も無く遊べる出来なので、単純な翻訳だけでなく、すぐに追加・差し替えが可能な範囲でのローカライズ稼働を課題としてほしいなと思います。


YouTubeでアップしたプレイ動画です。


最後に

今回の記事作成は、多数のブログサイト様や、駒込WGC様での録画動画。私のYouTubeチャンネルに寄せられたコメントなど。多くの情報を集約させていただきました。

【情報を確認したサイト様】
ANKARE IIDX様…http://ankare2dx.org/china-beatmania2dx-tricoro/

ニコニコ動画様で作成したマイリスト
YouTubeでコメントを頂いたアカウント様】
SCar Ludwig様、J.J. L.様

集約、リンクを快諾いただいたハリス様(ANKARE IIDX様)ありがとうございました。


戻る

ページトップ