レンタル

セリスのフォロワーの子が通っていたお店から2DXが撤去されました。
どうもレンタル契約だったらしく…

レンタルの仕組み…
レンタルと言うとやはり私はSNKやCAPCOM。マイナーな所ですとアイレムが行っていました。

基本的に機械が置けて電源が確保できればOKです。
設置する店側の負担金は、電気料金のみで、機械のメンテナンス及びゲームの入れ替えはメーカー側で行うので、
店の人間は掃除くらいしか触りません。
鍵を渡すかどうかはそこの業者や営業所の判断になるんですが(タダゲーに関わる)
金庫の鍵は別なんだし、全部データでバレるんだから、不正はいずれバレます。

ただ、サービスマンとか、営業所に割り当てられるタイトルや筐体は売り上げなどで決められているので
入らなくても、会社や営業所の都合っていう事もあるので、あまり怒らないでほしいなぁ…と。

しかしSNKは餓狼伝説SPECIALとKOFで首を絞めてしまったので
数を持て余す状態になっていました。

結果としてそれが中国に流れて、ハックロムになって、日本に帰ってくるという奇怪な流れも出来るわけですが…。

ロケテスト

アーケードゲームのロケテスト。
先日秋葉原のHEYで久しぶりに見ました。

最近はロケテストと言いながら自社ロケ先行出荷じゃねーの?って思う事が多々ありますが。
(SEGAとかSEGAとかSEGAとか)

昔はひっそりと行う物でしたが、最近は宣伝しまくるので全然意味がないものに変化しております。
もう配信できるんだから、制限つきで全国で遊べるようにした方がはええだろ?って思ったりしますが。

ロケテストには何種類かあり

・ゲームロケテスト(検証・調整・反応を見るもの)
・インカムロケテスト(市場調査。実際ここでハネられて没になったタイトルもあります。)

と、あります。

コナミは出す前提のロケテストなのでビートストリームとか、ダンスエボリューションが
すっごいかわいそうと思いますし、自社のタイトル大事にしないなーとか、連動前提だなーとか
ビートストリームはあんだけ文句というか、文句しか描かなかった+文句しか出なかったのに出しちゃうしなぁ…

KOF12とかは犯罪のレベルですし。

今はツイッターもある事ですし、事前発表をする意味はまったく持って皆無なので、
一回こっそりやった方が良いのではないでしょうか。
ロケテストの頃には注文も閉めきってるんだし。

JAEPO感想

感想を言ってしまうと、セリスのブログでも紹介いたしましたが

展示作品は整理券なのは問題ないのですが、調整を搾り過ぎたのか。
また、既存の作品の展示が多かったため、
KOF14とブレイブルーは待たずに遊べましたし、
進撃の巨人はデモ画面が流れっぱなしなのに整理券の人以外はプレイできなかったり
そもそもニコニコ動画のユーザーが被らないので、
JAEPOの予算削減だけで終わってしまい、
全てが中途半端な感じになってしまったような。そんな気がしました。
そんな事も判らないから、今の状況なのかもしれませんが…

以前の頃の盛り上がりを知る私としては非常に寂しい現状ですね…

天下一格ゲ祭開催!

2017年2月に幕張メッセで行われるアーケードゲームの展示会『ジャパン アミューズメント エキスポ2017(JAEPO)』にて、
『天下一格ゲ祭』の開催が決まりました!

http://www.otogesai.jp/fighting_game/home

1日という制約も含め課題も多いのが現実ではありますが、
今の規模では、これくらいの規模が良い気がするのもまた事実の気がします。

格闘ゲームファンは、この大会の「様子」「進行」に注目ですね!

TV-JUNKYの思い出

私が育ったゲームセンター。「TV-BOMBER」は、有限会社ケイアイシステムズという流通会社が運営しているお店で、
「TV-JUNKY」は柏にある本店の役割でした。

知ってる人からすると、カプコンのアーケードゲーム「SPAWN~in the demon’s hand~」の聖地として知られていましたでしょうか。

2009/05/08 11:55

※mixiにあったのを持ってきました。

末期の頃は、よくTV-BOMBERからゲーム基板を借りていました。
深夜営業で動かすとかで。

実はJUNKYは夜12時に閉店し、夜12時5分に開店という違法営業をやっていました。
ビデオゲーム3.40台位の所に100人近く居たとか。

BOMBERもJUNKYも格闘ゲーム大好きな人が仕入れも仕切っていたので、
音楽ゲームやファイトクラブやマジックアカデミーの導入には否定的だったのが失敗の原因でしょうか。
また、中古で入れると言いながらも結局は入れなかったりと新作は徐々に入らず。
かといってレトロゲームの導入も消極的で。
またBOMBERもJUNKYもそうなのですが掃除にメンテに行き届いていない個所が多く、結構どっからツッコめば状態で。

BOMBERとJUNKYは沢山の事を教わった気がします。
あの時私が店員に入っても難しかったと思います。

もう少し上手に長く残れる居場所が亡くなったのは悲しい限りです。

年末年始

少し間が空いてしまいました。

年末年始になると延長営業も増えて、業務両替との戦いが増えて
昨日今日初めて来るような客との戦いが増えてと言う感じです。

個人ゲーセンですと、思いっきり暇になるか、意外に人が来るかの二択です。
更に個人ゲーセンになると、オーナー夫婦がおせちを振る舞ってくれたり、
お年玉をくれたりとかもあったりします。

年末年始に大きなトラブルになると怖いので
私が居た店は11月位から部品類は余計目に頼んでいました。
(運搬の関係があるので)

私の時はどうだったかな…
あー。延々スパ2Xとか餓狼伝説SPECIALとか真サムとかVF2対戦しまくってたな…

あの頃が懐かしいです。
ちゅーさん元気かな…

「秋葉原クレーン研究所」のトラブルを見て、思う事。

(2016年12月4日追記)

一部でご指摘ございましたが、トライ様を擁護するわけでもなく、SEGA様を非難するわけでもないですが

・全てに対して強いモヤモヤ感が残る。
・JAMMA間を取り持ったり動いてくれれば違法景品問題は解決できるはず

というのが私の意見です。

とはいえ、お叱り頂けたり、ご指摘いただけたりと言うのは大変感謝しております。

まことに、ありがとうございました。

ラブライブ!偽グッズを景品にした疑い ゲーセン摘発
→リンク先はライブドアニュース様です。
http://news.livedoor.com/article/detail/12346648/

(株)トライ様が運営されている「秋葉原クレーン研究所」の件。
色々と違和感が残ります。

もちろん違法景品は取り締まるべきなんですけど、
個人的にはとても違和感が残っています。

話し出すときりがないんですけど、

1,中小ゲーセン、流通の厳しい台所事情
機器の導入や運営に関するコストは上がっていく一方です。
TAITO様等で導入されている電子マネーも導入までのハードルは高く。
まぁもともとガバガバと儲かるものではないんですが。
そんな中最大手のアドアーズ様や、TAITO様の勢力が拡大しつつある現状です。
ゲーム機半分以上撤去してラジコンサーキットやミニ四駆サーキットが出来たり
カプコン様ではモンハン用スペース(有料)も一部で試験運用されましたっけ。
トライ様のやった事は許されませんが、こういう厳しい台所事情です。

きっとどこかに魔が差したんじゃないでしょうか…って思ったんですが、ここで次の違和感が出ました。

2,トライの社長何か嘘ついてない?
一番の違和感はここです。入手経路とか入れ知恵がどこなのか。
あと、どっかの流通業者とか店舗さんの付き合いとか頼まれて違法景品入れてないか?です。
トライ様はロケ運営もやってますが、本職は販売とか流通です。
先払い制度が始まって10年。直売のみで流通が流れないという状況になってもう6年は立つでしょうか。
そんな状況の中「これ優先的に回してあげるから!」とか「これ買ってあげるから、これ置いてよ!」
とか言われると、私も経営者だったら「うっ」って揺らぎます。

3,景品入れるのも難しい!
売れ筋の景品ですと10ロット頼んで半分しか来ない(しかし値段は10ロットとられる)
残りがやってくるのはブームもすっかり下火になった頃。こんなことがざらにあります。
実際に基板ですと「機動戦士Zガンダム エゥーゴvs.ティターンズ」や「初音ミク景品」「ワンピース」で
そういう話は耳にしましたし、今回の「ラブライブ!」も導入のために必死になってかき集めた店舗もあると聴きます。

なのに、なのに、大手メーカー様ロケには大量の景品。
私は忘れもしません。秋葉原クラブセガ二号館。1フロア全部初音ミクの同じ景品で捕り方が違うだけだったという光景。

しかも俄に信じがたいのですが、その景品セガ限定だと思ったら、そんな事なかった。金だけしっかり取られておきながらキャンセルさせられた。
という噂も耳にしました。

こういう事が日常的に行われては、入れたいものも入れられません。
最近は実態がばれかかったのか、ここまで露骨な例は無くなりましたが、それでも頼んだ分来なかったというのは
往々に聴いています。

4,セガ様だって色々問題ある
上記の問題もそうですが、ちょっと前まで「たこ焼きキャッチャー」をやっていた前科がありますし、
AGスクエア系では違法景品やたこ焼きキャッチャーが続いているっていう噂が止まないし、
艦これのアーケード、世間では在庫が無い言っておきながら自社ロケはずーっと在庫アリアリだったり、
艦これの問題で全国のセガ店舗から録画機を無くす命令を出しておきながら行き届いていないし、
クラブセガ秋葉原2号館の罪(暴力トラブルの加害者の方を守ったり、某音楽ゲームのことなど)もあります。
(TYPE-X製品がセガロケにほとんど入らないのも実はTAITO様と揉めてるからだとか。
ガンストも入っているのは本当に限られた店舗のみ。一時コナミ様のゲームが一部のセガにだけは入り続けた事と同じ)
自社ロケの罪には目をつぶり、他社ロケを潰すのは本当に滑稽と言うか何というか。

ちなみにバンナムも「インターネット空間「知・好・楽」というのもやってましたしね。
>> 漫画喫茶やネットカフェが新古書店と共に出版業界で糾弾
>> (と言っても、著作権法附則4条の2が有る限り実力行使は出来ない)
>> されている時にこの事業に参入したと言うのは今でも理解に苦しむんですけど。

5,今回は摘発されていない製造業者
もし製造業者があるのなら、その大元が叩かれないのはなぜなのでしょう?

6,結局割を食うのが、他の中小個人ロケや、お客様
こんな事が続くから、結局パイが無くなっていくということに気が付かないのでしょうか。
数が減れば減るほど、割を食うのはお客様です。
もうちょっと頭使った方がいいんじゃないか?って思います。
まあ、それだけ業界が疲弊しているともいえるのですが、

と、言う訳で今回の騒動には個人的にはとても違和感が残っています。

正直、このくだらない連鎖を止めるためには、JAMMAが動くくらいしか方法は無いと思います。

不動産や風俗の捨て看板が亡くなったのが、入念な準備や根回しをしたうえで、業界団体が一斉に止めるように指示を出したことによって、捨て看板が無くなった地域があります。
なので業界が止めないといけないんですが、どうも態度があいまいなので、ダメじゃん…というオチで終わりにしたいと思います。

ゲームの入れ替えアレコレ

ロケーションで働いていると色々とありますが、今日はゲームの入れ替えについての思い出を。

以前ココで少しお話しましたが
私が育った、中小個人規模のゲームセンターですと、汎用筐体のゲーム機の入れ替えは、しばしばございました。

cropped-600913635_104.jpg

当然沢山あるタイトルです。
中には人気が振るわなかったり、後になって入荷したりといったケースもあります。

この中でも後味悪いのは、人気が振るわなかったタイトルですね。

餓狼伝説3とか、KOF12とか、悪夢だったのではないでしょうか…

私が体験した中では、ストリートファイター3rdが買われて、ティグファイトロードランナーを入荷した時ですね。
月初1日に入荷して、16日に撤去しました。半月動かして…100円。
シングル稼働であれば売れそうであったのですが、何を血迷ったのか対戦台で稼働したので…。
当然当時売れていた3rdを退かしたもんだから苦情も殺到。
※話を聞いたところ、別の流通会社から付き合いでトレードが発生したそうで…。

他に有名な所ですと、ビートストリームでしょうか。
月売上がPASELI含めて1000円…。

半年くらいで殆ど売り上げが亡くなってしまうので、本当に中小には死活問題なんです。
リース契約にしても売り上げは折半ですし…。

そしてKOF12…あれはもう何といいますか…

そんなわけで、最近どこもメダルかプライズだけに特化するのもなんとなくわかるのでした。

ショッピングモールとか商業施設のゲーセンで思う事。

昔、今は亡き、ハロータイトー亀有で働いたりした時や、
GMS(ヨーカドーやAEONの総称)の中のゲームコーナーやロケを覗くときに一番気になるのが

「店内を走り回る子供達」

です。

小学生とかになると注意するんですが
(子供を注意するときは目の高さに合わせて)
それでも親御様からクレームを頂く事もありました。

中学生高校生が一番タチ悪いですね。
そういう時は警備員使ったりもします。

本当に困るのは小さいお子様が走り回る事でしょうか。
実際人とぶつかって、ぶつかった人が具合悪くなって倒れるケースとかもあります。

小学生未満の方は、場合によっては迷子紐をつけてほしいと思う事があります。
不特定多数の人が来るGMS,ショッピングモールでは事故の素となる場合があるので…

不特定多数の人が集う場所では迷子紐が有効なのですが、それでも
子供を守るのは私たち大人の責任です。
ご家族の方も、クルーの皆さんも、何かが起きる前に、子供を安全に管理してほしいです。

そういえば…
忘れられないエピソードがあります。
タイトーで働いていた時の話です。
ある常連の家族の、小学校の子供さん。(Sくんとします)
公園でスケボーで遊んでいたとのことで、スケボーを持ってきました。

店内で乗り回そうとするS君。初めは大目に見ましたが
2.3回目で取り上げました。
そして、彼のお父さんお母さんの前で大声で叱りました。
しかし、先輩もマネージャーも誰も私の事は止めませんでした。

小学校の5年生になろうという子供です。
同じ学校の子も沢山集います。
怪我をしたりする前に。お父さんに怒られる前に。
私は本気で怒って、その後お父さんとお母さんに感謝されました。

閉店少し前に店に行ったとき、もうそのご家族様は来ていませんでしたが、
子供たちを守る事。クルーの責任という物を考える大事な出来事でした。

少しでも良いクルーに……

前回はクルーを演じる事とは…という事で更新しましたが
中規模や大手。規模を問わず従業員教育や社員教育には頭を悩ませています。

そんなヒントが実はゲームに隠れていたりします。

東京工科大学メディア学部准教授。「岸本好弘」さん。ファミスタの父とも言われている先生です。
その人は現在、ゲームの要素を取り入れた教育で夢中にさせよう。と、話しております。

詳細はリンク先を観ていただくとして
簡単に言えば、自分から動く、学ぶきっかけを取り入れる。という事でした。

私が実際に行ったり、駆け出しの頃にやらされたものは次の通り。

・プライズコーナーで景品袋を渡すノルマを作って、誰が一番先に終わるか競う。
 こうすることでプライズコーナーの人は積極的な巡回、補充を促せます。更に人の集まる時間を読めるようになると、事前準備対応も出来ちゃいます。
グラフを作り目で分かるようにして、朝礼で全員で褒めるようにします。(即時フィードバックとして有休がもらえたりしました。)
→テナントの中のゲームコーナーでは、とても有用な手段です。

・社員研修。アルバイト研修でクイズをやらせる。
 難しいと言いたくなるのはわかりますが、やはり事務所やどこか場所を借りての定期的な社員研修。アルバイト研修は行うべきです。

・朝礼や終礼で今日印象に残った事を一個発表してもらう
 日々の小さな発見が、未然のトラブルを防ぎます。出てきた意見は総て拍手で賞賛!

★これらを達成可能なレベルでやらせる事。

そして

・次回の朝礼で、何か一つ目標を決めてもらう。
→同じ意見に重なっても目標を決める事は大事です。

よく、巨大掲示板やツイッターで従業員教育に悩んでいる店舗を見かけますが
以下の点を心がけてみてください。

・自分から取り組みたくなる仕組みにする。
・褒める事を心がける。
・フィードバックを素早く。
・自分の成長がわかる仕組みを作る。
・売り上げ目標以外で、日々達成可能な目標を作る

私がそうだったように、少しでも自分から動きやすい仕組みを作ることで、
やる気が無いようにみられる人も、自ずと動くようになります。

こちらの記事も読んだうえで
是非是非、楽しいお店を作り上げていってください!