第1話 惑星(ほし)と少女と暗闇と act.4

巨体が倒れ込む音と共に特徴的な断末魔を上げてマギサ・メデューナは息絶える。
残るのはあまりの独壇場っぷりに言葉を失ったサラと、してやったり顔でハイタッチを決める双子であった。

「・・・練習・・・練習なのこれで?」
「にゃ? そうにゃよー。」
「単一目標に対しての効果的かつ迅速な対応の一環・・・
その答の一つが、『多数・多方向からの攻撃により目標を釘付けにしたまま殲滅まで持っていく事』。
私たちはそれを2人だけで行えるようにしているだけです。」

淡々と答える瑠那の隣ではしゃぐ眞那。

「当面の目標はボス級大型エネミーを出落ちさせるっ!」

などと斜め上の目標を高らかに宣言した眞那。
サラはというと・・・「勝手にしなさい」とばかりの盛大なため息で2人を見るだけだった。

-同エリア・分割ルートB組-

“第1話 惑星(ほし)と少女と暗闇と act.4” の続きを読む

第1話 惑星(ほし)と少女と暗闇と act.3

-惑星ウォパル ルーサーの研究施設・秘匿エリア-

秘匿エリアの入口からここまでさしたる抵抗も出迎えもなく、周辺を探索しつつ奥へと進む一行
長い沈黙を破ったのはまたもセキュリティロックだった

「・・・ココも透火ちゃんの認証、要るのかな?」

ずんが端末を調べながら呟く、瑠那がカード用のスリットに気付き知らせた。

「ココ、さっきの所員証が使えるかも・・・」

“第1話 惑星(ほし)と少女と暗闇と act.3” の続きを読む

第1話 惑星(ほし)と少女と暗闇と act.2

トリニティとずんは護衛隊と分かれ、斥候として捜索に出てしばらく・・・
2人は先程のエリアからは少し離れた開けた地点で周囲の様子を探っていた。

「この辺りの海王種も、ほとんど居なくなってる・・・ということは」

ずんは推測ながら、周囲の海王種はほとんどダーカーに追われてこの近辺から去ったか、あるいは先程の防衛戦で殲滅しきれた、と類推する
トリニティのセンサーも、それを肯定する環境数値を示していた。
・・・しかし、少しだけ違う情報もあった。

「でも、この周辺の海王種は移動したんじゃない・・・この場で殲滅させられてるね。」

残留するフォトンのデータは、ある反応を顕著に示していた・・・それはアークスが放つ攻撃性テクニックのフォトン反応だった。

「この場でも戦闘が? 仮にそうならそのアークスは一体どこに・・・?」

“第1話 惑星(ほし)と少女と暗闇と act.2” の続きを読む

第1話 惑星(ほし)と少女と暗闇と act.1

スクナヒメとロ・カミツ襲撃事件から約1ヶ月・・・

ロ・カミツの封印状態は「限定空間内の時間停止による継続的拘束状態」と判明し、現場と原生民族である龍族に詳しいアキを加えた対策専門チームが結成され、解決案を模索中・・・

スクナヒメを襲撃した謎の「黒い女」に関しては、目下消息不明・・・

しかし、「黒い女」探索中に謎の信号をキャッチする、それは惑星ウォパルにあったルーサーの研究施設…その未調査区画からであった。

-アークスシップ4番艦・アンスール 一般区画「真紅の酒場」-

“第1話 惑星(ほし)と少女と暗闇と act.1” の続きを読む

序章3 神をも下す悪意

「…やれやれ、お主らは「しょうかいにんむ」とやらで来ておるのであろう?
見ておればさっきから痴話喧嘩やら夫婦喧嘩の様な事ばかり……お主ら、暇なのか?」

手に持った扇子をパチリと閉じ、半ば呆れ顔を浮かべつつ目の前のアークス二人にツッコむ少女
彼女こそ惑星ハルコタンの神にして灰の巫女「スクナヒメ」だ

「痴話喧嘩って、コイツとはそんなんじゃねぇよ?!」
「夫婦喧嘩って、まだそんな関係じゃないわよ?!」

そしてそのツッコミに寸分の時間差なく反論するのは六芒均衡の四「ゼノ」とその幼馴染の「エコー」

「妾の前でなくとも、そんな痴態を目の前で見せられれば、呆れられて当然じゃな。」

慌てて体裁を繕うゼノとエコーだが、もう遅い
精神的ダメージを受けつつも、哨戒に戻る2人を見つめ…スクナヒメは思った

“序章3 神をも下す悪意” の続きを読む

序章2 空を覆う暗雲

- 惑星ウォパル 海底エリア ルーサーの研究施設 -

「・・・さて、残る準備は・・・」

人影が一つ、暗がりに紛れたままつぶやきを漏らす
かろうじて判別できたそのシルエットは女性・・・しかし、ココは一般人など入れる場所ではない
その女が見つめる先には一つのカプセル、中には一糸纏わぬ姿で杖を抱く銀髪の少女が眠っていた

「こちらの準備は全て整った・・・
残るは『アレ』へのお膳立てと『鍵』の奪取、そして・・・」

影は一瞬にして醜く歪み、次の瞬間には違うシルエットになっていた

「そろそろ、目障りなあの2人には退場して貰おうかしらね」

独特な雰囲気と声を残し、謎の女は闇に溶けてかき消えていった

- 惑星アムドゥスキア 龍祭壇エリア 最奥神殿「ロ・カミツの間」 -

“序章2 空を覆う暗雲” の続きを読む

序章1 とある少女の憂鬱

- 旧マザーシップ中枢部 -

 

「・・・馬鹿なぁ・・・っ!? ・・・何処に、どこに間違いが・・・ッ!」

崩れゆく空間の中に響く、あのヒトの声・・・私は今でも時々、あの時の光景を夢に見る
・・・崩壊していくダークファルスの巨体、声の主は史上最後のフォトナーとしてアークスを動かしていた・・・否、支配していた闇だ

私はあのヒトの声を、ずっと前に聞いた事がある・・・でも、何時なのかは思い出せない・・・

 

- アークスシップ4番艦:アンスール ショップエリア-

“序章1 とある少女の憂鬱” の続きを読む